【経験者が語る】アンテナ工事のオススメ業者を厳選して紹介します

アンテナ工事業者を調査する女性

「アンテナ工事、どこかに頼みたいなあ」
「そもそもどんなところがアンテナ工事をやっているんだろう…家電量販店とか?」
「アンテナ工事の経験者に、オススメ業者を教えてほしい!」

引っ越しや新築工事にともなう、テレビアンテナの設置工事

一生に何度も経験するものではないので、依頼できるお店や工事費の相場がわからないという方も多いと思います。

しかし業者選びをおろそかにすると、法外な工事費を請求されたり、雑な工事をされることもあるんです…!

こんにちは!アンテナ相談室編集部のアンナです。
テレビを見るのが大好きで、つい最近、家のテレビアンテナを新しく交換しました。

「テレビアンテナの工事を業者に頼もう!」と思い立ち、インターネットでアンテナ工事業者を調べてみたのですが…。
まず最初に驚いたのが、検索でヒットする業者の数が多すぎることです!

サイトによって料金設定や工事の条件がかなり違うので、「この中から優良業者を探すのって、かなり大変なんじゃない?」ということに、少しずつ気付いてきました。

この記事を開いてくれたあなたも、アンテナ工事の業者選びで困っているのではないでしょうか。

正直にいうと、業者探しのために何社も見積もりをとったり、家に呼んで調査してもらうのはかなり手間がかかります。
できれば早めに業者を決めてしまいたいのが本音ですよね。

そこでこの記事では、テレビアンテナを交換するために20社以上のアンテナ工事業者に問い合わせた経験をもつ私が、「信頼できる業者をサクッと選びたい!」と考えているあなたのために、アンテナ工事を行っている業者とその選び方を紹介したいと思います!

具体的な流れを、次の3ステップでお伝えします。

  • アンテナ工事をしてくれるお店
  • 失敗しないアンテナ工事業者の選び方
  • アンテナ工事にかかる費用・時間・流れ

それではさっそくまいりましょう。

「今すぐ経験者にオススメ業者を紹介してほしい!」という方はコチラのページをご覧ください!
2ヶ月間の調査をもとに、とくにオススメのアンテナ工事業者3社厳選してご紹介します!

厳選!オススメ業者3選へ移動するバナー

テレビアンテナの工事をしてくれるお店はどこ? 

駅前のビッグカメラ

まずはアンテナ工事業務を行っているお店から。

「アンテナ工事って電気屋さんにしか頼めないんじゃないの?」と漠然と考えている方も多いのですが、実はこんなにたくさんあるんです。

アンテナ工事専門業者

ハウスメーカー(工務店)

家電量販店 個人経営の電器屋さん
ホームセンター リフォーム会社 引越し業者 スカパー!などの
アンテナ設置サポート

実はテレビアンテナの取り付けは、特別な資格がない人でもカンタンに始められるんです。
なので言い方は悪いですが、ほかの電化製品のオマケとしてアンテナ設置も行っているお店が多いんですよね。

それぞれのお店に頼んだ場合の費用相場とメリット・デメリットをご紹介します。

アンテナ工事専門業者

工事費:30,000円〜60,000円

【メリット】
  • 仲介手数料がかからないので、工事費が安い
  • アンテナ工事の知識と経験が豊富
  • 長期の保証期間が設定されている業者に頼めば、トラブルがあっても安心
【デメリット】
  • インターネットから依頼することに不安を感じる
  • アンテナ以外の工事とセットで依頼できない

ハウスメーカー(工務店)

工事費:50,000円〜100,000円

【メリット】
  • 新築の場合、家を頼むときのオプションでアンテナ工事を依頼できる
  • 住宅ローンに工事費を組み込める場合もある
【デメリット】
  • 専門知識に乏しい外注の作業員が担当する場合がある
  • 仲介手数料が発生し、工事費が高くなる

家電量販店

工事費:40,000円〜70,000円

【メリット】
  • 大手メーカーなので安心できる
  • お店で購入したテレビアンテナをそのまま取り付けてもらえる
【デメリット】
  • 夏・冬はエアコン工事でスケジュールが埋まりやすい
  • 専門知識に乏しい外注の作業員が担当する場合がある

引越し業者

工事費:50,000円〜10,000円

【メリット】
  • 引っ越しと同時にアンテナ工事を依頼できる
  • 建設段階から相談できるので、アンテナを設置する場所の自由がきく
【デメリット】
  • 専門知識に乏しい作業員が担当する場合がある
  • 保証がなく、工事後のトラブルに対応してもらえない

リフォーム会社

工事費:50,000円〜10,000円

【メリット】
  • リフォームと同時に工事してもらうので、設置場所の自由がきく
  • 壁の中の配線経路を入れ替えられる
【デメリット】
  • 専門知識に乏しい作業員が担当する場合がある
  • 仲介手数料が発生し、工事費が高くなる

ホームセンター

工事費:30,000円〜10,000円

【メリット】
  • 取り付けるアンテナを自由に選べる
  • アンテナ以外の電気工事にも対応してもらえる
【デメリット】
  • 取り付ける機器のラインナップが少ない
  • 設置後に電波を受信できなかった場合、最悪まるごと交換になる
  • 知識や経験の少ない作業員が担当する場合がある

個人経営の電器屋さん

工事費:30,000円〜90,000円

【メリット】
  • 街の電波状況にくわしい、熟練の職人が工事してくれる事が多い
  • 店主の顔を知っているので安心感がある
【デメリット】
  • 店主が高齢の場合、高所作業を断られる可能性がある

スカパー!などのテレビサービスのアンテナサポート

工事費:0円〜30,000円

【メリット】
  • テレビサービスの加入と同時にアンテナ工事を依頼できる
  • 契約と同時に有料放送を視聴できる
【デメリット】
  • 毎月の契約料が発生する
  • 短期間で解約した場合、高額な違約金が発生する場合がある

※各費用は、新築に地デジアンテナとブースターを設置した場合の相場になります。

かなり金額にバラつきがありますが、これは頼むメーカーや店舗によって、設定している金額が違うためです。

この中で比較的工事費が安く、技術面でも信用できるのは、断然「アンテナ工事専門業者」です!
今からその理由をお伝えします。

オススメはアンテナ工事専門業者!その理由は?

水色の背景とアンテナ工事スタッフ
  • 理由(1):仲介手数料がかからず、工事費が安め
  • 理由(2):アンテナ工事の知識や経験が豊富

アンテナ工事専門業者とは、アンテナ工事の専門家集団です。
言いかえれば他のお店は、「アンテナ工事もやってはいるけど、専門家じゃないですよ」という人達なんですよね。

実際に大手電気メーカーにアンテナ工事を依頼したら、当日来てくれたのは下請けのアンテナ工事業者だった…というケースがよくあります。

よけいな仲介手数料を払うくらいなら、最初からアンテナ工事専門業者に頼んだほうがおトクですよね!

しかもアンテナ工事を専門としている業者なら、年間を通してアンテナの設置を行っているので、アンテナ工事の知識や経験がとても豊富です。

「できるだけ目立たない位置にアンテナを設置したいんだけど、場所を選べる?」
「家の電波状況が悪いってどういうこと?」

このような細かい疑問から専門的な内容まで、バッチリ相談できますよ。

インターネットから顔の見えない相手に依頼することに不安を感じる方もいるかもしれません。

しかし以上のメリットを考えると、アンテナ工事専門業者に頼まないのはむしろ損です!

私もスマホからアンテナ工事専門業者に工事を依頼しましたが、「え?これだけでいいの?」と思うほど安くてびっくり。
工事の時間もスピーディで、テレビ映りもよくなって大満足です! 
業者に設置してもらった地デジアンテナとBSCSアンテナ

⇛私が実際に依頼した業者さんはコチラです!

とはいえネットでアンテナ工事業者を検索すると、あまりにも数が多くて迷ってしまう……という方も多いはず。

というわけで、アンテナ工事業者の選び方を失敗例とともに見ていきましょう!

アンテナ工事業者はどう選ぶ?よくある失敗例と選ぶ際のポイント

アンテナ工事業者を選ぶ前に、よくある失敗例を見てみましょう。
代表的な失敗は3つあります。

  • 想像よりも実際の工事費が高かった
  • 希望するスケジュールで工事してくれなかった
  • 見積もり後、工事費を延期/キャンセルしようとしたら出張費を請求された

このような対応をとる業者だけは絶対に避けたいですよね。

というわけで、業者選びの際には以下の3つのポイントを重視してください。

それぞれどういうことか、失敗例と一緒にくわしく見ていきましょう!

ポイント(1)工事にかかる費用をしっかり伝えてくれる

電卓を持つ作業員

アンテナ工事業者を選ぶうえで、工事費をしっかり伝えてくれるかどうかは重要なポイントです。

もちろん費用が安い業者に依頼したいのは山々ですが、そんな心理を利用してホームページに書かれた工事費と実際の見積もりが違いすぎる業者もかなりあるんです!

中にはこのような声も。

ホームページで見たときは工事費が安かったので、喜んで依頼しました。

しかしいざ現地調査に来てもらったら、予想の5倍以上の工事費を請求されてしまいました…。

当日のキャンセルが不可だったので結局支払いましたが、「どこの業者もこんなものなの?」というモヤモヤが残っています。
(東京都:Yさん)

「もし違う業者に相談していれば、こんな結果にならなかったのに」という後悔だけはしたくありませんよね。

前のトピックでお伝えした通り、ホームページに書かれた料金設定はあくまで概算であり、実際の工事費と異なる場合が多いです。

そこでまずは業者に電話をして現在の状況を説明し、おおよその見積もりを聞いてみてください。

「電話口でお金の話をするのに抵抗がある…」という方もいるかもしれませんが、業者スタッフの方は電話見積もりに慣れていますので、まったく問題ありません。

くわしいお見積もりは現地に行って決定しますが、電話では気持ち高めの金額をお伝えしておきますね。
これ以上の金額になることはありませんので!
うちは現地調査が無料なので、現地に伺ってから正確なお見積りを出しますよ。
その際、お客さまにご納得いただけない場合は無料でキャンセルできますのでご安心ください!

などなど、優良業者は親身な対応をしてくれます!
ここは勇気を出して、気になる点を聞いてみてください。

ポイント(2)こちらのスケジュールにあわせてくれる

カレンダーにボールペンで書き込むようす

続いて、スケジュール面について。

ただでさえ仕事や引っ越しで忙しいのですから、できればこちらの都合にあわせて、短時間で工事を済ませてほしいですよね。

スケジュール面で失敗した方の声はこちら。

引っ越しにあわせてアンテナ工事をお願いしようと、業者に電話をしました。

「担当者不在ですので、折り返し電話します」と言われたきり音沙汰がなくなり、1週間後に再度電話をかけ直しました。

しかし、相手の業者からは「スケジュールが埋まっていてお伺いできません」という言葉が…。

できならいなら、最初からそう言ってほしかった!
時間をムダにしました。
(茨城県:Nさん)

このような対応は、スピード重視の業者ならありえません。

アンテナ工事の繁忙期は、引っ越しシーズンである3月前後
なので春先はスケジュールがとれないこともありますが、それ以外のシーズンはお客さんの都合にあわせてくれます。

工事を希望する日程の1〜2週間前に業者へ連絡し、スケジュールを押さえておけばOKです。

仕事や家の事情で平日の立ち合いが困難な場合や、どうしても押さえたい時間帯がある場合は、最初にその旨を伝えておきましょう。

ごくまれに「工事の時間帯は指定できません」という業者もあるので、業者と行き違いのないように注意してください!

ポイント(3)現地調査・見積もりが無料

屋根上のテレビアンテナを調べる作業員

最後は現地調査・見積もりについて。

電気工事の経験が少ない方は「なんのこと?」と思われるかもしれませんが、アンテナ工事ではほぼ必ず現地の電波状況を調査する必要があるんです。

現地調査・見積もりの失敗談はこちら。

とある業者に、現地調査をお願いしたのですが、調査後にいただいた見積もり金額が高すぎたので、その場でキャンセルすることにしました。

しかし「現地調査後にキャンセルされる場合は、原則として出張費15,000円をいただきます」と言われてびっくり!

そんなことホームページには書いていなかったのに、これって詐欺じゃないですか?
(埼玉県:Uさん)

このように「現地調査後に即日工事しなかった場合、延期/キャンセルとして出張費を請求する」業者、実はけっこう多いんです。

アンテナ工事業者も商売ですから、無料で調査ばかりしていては利益が出ないという気持ちもわかります。
しかし依頼する側としては、じっくり考えたうえで信頼できる業者に依頼したいですよね!

というわけで、できれば現地調査と見積もりを無料で行っている業者に依頼することをオススメします。

もちろん1番大切なのは安さではなく、テレビアンテナの知識や工事の技術です。
電話〜現地調査までにできる限りの情報を集め、ギャップが出ないようにしておくのが1番です!

「それでも、費用面が心配だな…」と思う方は、業者のホームページに「追加費用なし」という記載があるかどうか確認してください!
追加費用なしの業者に頼めば、見積もり確定後は金額が変わらないので、安心ですよね。

続いて、実際に業者に依頼した場合のアンテナ工事の流れを見ていきましょう。

テレビアンテナ工事の流れは?

アンテナ工事の流れ

ここからは業者にアンテナ工事を依頼する流れと、各段階での注意点をお伝えします。
問い合わせ〜作業終了までの流れを4段階にわけるとこうなります。

  1. 問い合わせ〜電話見積もり
  2. 現地調査〜見積もり確定
  3. 工事〜チャンネル設定
  4. 支払い〜作業終了

それでは行ってみましょう。

1.問い合わせ〜電話見積もり

ノートパソコンでアンテナ工事業者を調べる女性

確認すること:概算の見積もり金額・スケジュール

ホームページに書かれた電話番号や問い合わせフォームから、業者に連絡します。
この時点で、下の4つの項目を参考に、自分の希望条件をはっきりと伝えておきましょう。

  • 【現場の状況】(家の築年数・テレビアンテナの形状と使用年数・テレビの台数・ブースターの有無)
  • 【希望する工事内容】(新規設置・交換・修理・撤去・処分)
  • 【工事日】(立ち合い可能な日にち・曜日・時間帯)
  • 【支払い方法】(現金・カード支払い・キャッスレス決済など)

上記の内容を伝えたうえで、「電話見積もりはできるか」または「無料の現地調査に来てくれるか」と聞いてみてください。

前のトピックでお伝えした「即日工事でなかった場合の出張費の有無」なども聞けるとベストですね。

2.現地調査〜見積もり確定

机でアンテナ工事スタッフと話している女性

確認すること:電波状況と内訳をきちんと説明してくれるか

いよいよ業者スタッフが家に来て現地調査が始まるのですが、ここで大切なことは2つあります。

  1. 電波状況をきちんと説明してくれるか

    アンテナ工事業者は「レベルチェッカー(測定器)」と呼ばれる装置を使って、家の電波を測ります。

    この数値によってアンテナ本体や電波を補強する機器が決まり、工事費にも影響します。
    ですので現在の電波状況がどうなっているか、包み隠さず教えてくれる業者が望ましいです。

  2. 内訳をきちんと説明してくれるか

    アンテナ工事では、アンテナ本体だけでなく、基本工事費(技術料)、高所作業費、ケーブル費、ブースター費…というように、もろもろの経費がかかります。

    これらの費用をうやむやにせず、しっかりと内訳を見せてくれる業者に依頼しましょう。

ここまでが工事の事前段階。
見積もり内容に納得して契約したところで、いよいよ工事がスタートします。

3. 工事〜チャンネル設定

はしごを使って外壁に登る作業員 

確認すること:しっかりとテレビが映る状況にしてくれるか

アンテナ工事には本体の設置だけでなく、チャンネル設定やテレビ映りの確認も含まれます。
工事が終わったあとのテレビ映りまで、作業員と一緒に確認できます。

4.支払い〜保証の確認

電卓を持つ作業員

確認すること:保証内容・保証年数

工事が終わったあとは、工事費の支払いとアフター保証の確認が待っています。

アフター保証ってなに?

アフター保証とは、アンテナ工事が終わったあとに万が一テレビが映らなくなったり、アンテナが倒れてしまった場合、無料で修理してもらえるサービスのことです。

アンテナ工事を行っているお店の中でも、ネットで依頼できる専門業者半年、3年、5年…といった「アフター保証」を設定しているところが多いです。

ただし「うちでもアフター保証やってますよ〜」と言っておきながら実際には来てくれない業者も存在します。

このように形だけの保証になっているケースもありますので、どんな時に保証を使えるのか、書面の契約内容をよく確認しておきましょう。

保証内容は、次の3つに分類されます。

  • 機器の保証


    アンテナ本体やブースターなど、機器の故障に適用される保証。
    製品メーカーが設定した保証を指すことが多い。
  • テレビ映りの保証


    テレビが映らなくなったときに適用される保証。
    テレビアンテナの向き調整、ブースターの調整を指すことが多い。
  • 倒壊保証


    アンテナ本体が倒壊したときに適用される保証。
    台風などの天災では適用されないことが多い。

しっかりと工事してくれる業者なら、そもそも工事後のトラブルはほとんどありません
しかし、念のため5年以上の保証期間を設定している業者に依頼することをオススメします。

アフター保証って、意外と大事なんですよね!
忘れないようにしなきゃ。
ところで、アンテナ工事の費用ってどれぐらいかかるんだっけ…

続いて、テレビアンテナの工事にかかる費用を見ていきましょう。

テレビアンテナ工事にかかる費用はいくら?

豚の貯金箱と散らばるお金

テレビアンテナ工事にかかる費用相場を一覧でまとめてみました。

設置 地デジアンテナ(八木式アンテナ) 15,000円〜
地デジアンテナ(デザインアンテナ) 20,000円〜
BSCSアンテナ(4K8K対応) 30,000円〜
修理 アンテナの方向調整 10,000円〜20,000円
アンテナの立て直し 15,000円〜30,000円
撤去 撤去+処分 15,000円〜

上記はあくまでもアンテナ本体を設置する場合の最安値であり、これに必要な長さのケーブル費や高所作業費などが加算される仕組みになっています。

家の電波状況や間取りは各家庭によって違いますので、業者側も正確な料金設定をするのが難しいんですよね。

これは一例ですが、たとえば引越し先の屋根上に地デジアンテナを設置する場合、だいたい50,000〜70,000円程度の予算感を持っておくといいでしょう。

このようにお伝えすると、「アンテナ本体はそんなに高くないのに、どうしてここまで費用がかわるの?」と思う方も多いと思います。
工事費を大きく左右するのが、実はブースターという機器の有無なんです。

ブースターの有無によって工事費が変わります!

青空とブースターの増幅部

ブースターとは、テレビアンテナが受信する電波を増幅する装置のこと。
このブースター、新築の住居では標準工事として組み込まれているほど、電波の調整に欠かせない機器なんです。

業者によるブースター工事は、どのような放送を受信するかによって費用が変わります。

地デジ用ブースター 約15,000円
地デジ+BSCS混合ブースター 約20,000円
4K8K対応ブースター 約30,000円

※壁内の配線作業などの技術料を含む

家の中にブースターがなかったり、既存のブースターが古くて故障している場合は上記の工事費が加算されますので、注意してくださいね。

私も、最初はブースターがなくてもいいかなと思っていました。
でも、テレビにノイズが出たときにカンタンに電波量を調整できるし、のちのち別の業者やリフォーム店に来てもらうことを考えると、ブースターがあったほうがスムーズですよね。

以上、テレビアンテナのブースター工事についてお伝えしました。
工事費の相場がわかったところで、工事にかかる時間を見てみましょう。

テレビアンテナ工事にかかる時間は?

時計

テレビアンテナの工事は、早ければ1時間、遅くとも半日以内に終了することが多いです。

地デジアンテナの設置 約1〜2時間
+BS/CSアンテナの設置 +30分
+ブースター工事 +30分

日にちの指定についてですが、365日営業の業者に頼めば、土日や祝日にも来てもらえます。

ただし外壁の工事は音が出るため、騒音対策として夜間工事を行わない業者が多いです。
仕事終わりや夕方の時間帯を希望する方は、問い合わせの次点で最終工事時間を確認しておきましょう。

最後に、テレビアンテナの工事でよくあるお悩みを3つ紹介します。

テレビアンテナ工事にまつわるFAQ

草原に並んだFAQと書かれたブロック

最後にテレビアンテナの工事にまつわるお悩み3つFAQ形式で紹介して終わりたいと覆います。

引っ越しのアンテナ工事はいつ頃がベスト?

引っ越しの1〜2週間前に業者を抑えておきましょう!

青空と新築の一軒家

アンテナ工事を引っ越しの当日に指定すれば、入居したその日のうちにテレビを視聴できます!
その場合、引越し日の1〜2週間前には予約を済ませておくことをオススメします。

新築の場合、最低でも建物の上棟後、電気工事が終わっていれば工事が可能です。

ただし物件引き渡し前のアンテナ工事は許可されていないことがありますので、必ず施工会社に許可をとってからアンテナ工事を依頼するようにしてくださいね。

テレビがない状態でも工事できる?

もちろん、可能です!

天井裏の配線

テレビがなくても、アンテナ工事の依頼は可能です!
問い合わせの時に、部屋にテレビがないことを伝えてみてください。

ただしテレビのチャンネル設定や映りの確認は、工事後に自分で行うことになるので注意してくださいね。

素人でもテレビアンテナを工事できる?

高所作業をともなう工事は絶対にNGです!

手でバツを作る作業員

今回の記事で紹介したような本格的なアンテナ工事は、一般の方にはオススメしません
というのも、私自身がBSCSアンテナのベランダ設置に挑戦し、かなり苦労した経験があるからです

屋外からのケーブル引き込み配線作業は、プロの3倍以上の時間がかかってしまいますので、安易に挑戦するのはやめたほうがいいです…。

とくに屋根上や2階の壁面などの工事を考えている方は、足をすべらせて転落する危険がありますので絶対にやらないでください。

逆に室内に設置する据え置き型の地デジアンテナなら、今お伝えしたような大変な作業は要りませんので、カンタンに自力設置できますよ!

地デジアンテナ工事の前に!失敗しないアンテナ選びと工事の流れ

アンテナの基礎知識

地デジアンテナ工事の前に!失敗しないアンテナ選びと工事の流れ

「地デジアンテナの種類が知りたい!」「素人でもカンタンに設置できる地デジアンテナはある?」このような疑問に、元アンテナ工事スタッフが回答します!

今すぐ記事を読む

最後に…テレビアンテナの工事は業者に依頼しましょう!

ここまでテレビアンテナの工事のオススメ業者と、その選び方を紹介してきました。
この記事のまとめをおさらいしましょう。

  • テレビアンテナの工事はアンテナ工事専門業者がオススメ
  • 業者選びで重要なポイントは3つ
    (1)工事にかかる費用をしっかり伝えてくれる
    (2)こちらのスケジュールに合わせてくれる
    (3)見積もり/現地調査が無料

いかがでしたか?

今後のテレビ映りを左右する、大切なテレビアンテナ。
工事をしてくれる業者選びは、ぜひ慎重に行ってくださいね。

「そうは言っても、やっぱり業者選びは面倒くさい……」
「アンテナ工事経験者に、オススメ業者を紹介してほしい!」

このような方は、1度私が厳選したオススメ業者をチェックしてみてください。

20社以上のアンテナ工事業者に問い合わせた私が、とくにオススメしたい業者とその理由をあますところなくご紹介しています!

厳選!オススメ業者3選へ移動するバナー

私にとって初めてのアンテナ工事。最初は「業者選びで失敗したらどうしよう…」と不安でした。
でも事前にしっかりと調査したおかげでいい業者さんに巡り会えたので、今は頼んでよかったなと思っています!

今回の記事では、このサイトを訪れてくださった方の苦労が減るようにと自身の体験談を書かせていただきました。
あなたが信頼できるアンテナ工事業者と出会い、また楽しくテレビを視聴できるよう祈っています!

合計20社以上の中から厳選したオススメ業者3選はこちら

「たくさんのアンテナ工事業者があって、どこに頼めばいいかわからない…。」とお悩みの方に向けて、ネットに数多あるアンテナ工事業者合計20社以上の中から「とくにオススメしたい優良業者」を3社厳選して紹介します。
もしも業者選びで迷ったらこちらを参考に、実際にお問い合わせをして不安を解消してみてくださいね。

第1位 みんなのアンテナ工事屋さん

みんなのアンテナ工事屋さん
  • 費用
  • スピード
  • 保証期間
  • 口コミ
  • 電話調査

オススメポイント

  • 安さ・速さ・技術どれをとっても文句なし
  • 現地調査&現地見積もりが無料で、工事内容をていねいに説明してくれる
  • デザインアンテナのカラーバリエーションが豊富

お問い合わせ電話番号

0120-769-164

7:00〜22:00 年中無休

公式サイトはこちら

第2位 みずほアンテナ

みずほアンテナ
  • 費用
  • スピード
  • 保証期間
  • 口コミ
  • 電話調査
公式サイトはこちら

お問い合わせ電話番号:0120-790-837

第3位 DenSho

DenSho
  • 費用
  • スピード
  • 保証期間
  • 口コミ
  • 電話調査
公式サイトはこちら

お問い合わせ電話番号:0120-900-434

3つの業者それぞれの特徴はこちら

アンテナ相談室のお役立ちコンテンツ

工事前に知りたいテレビアンテナの種類

こんな方にオススメ!

  • テレビアンテナの種類を知りたい
  • アンテナの費用相場を知りたい
  • テレビアンテナの設置方法を知りたい
テレビアンテナの種類
よくあるテレビトラブル

こんな方にオススメ!

  • 特定の番組だけ映らない
  • テレビのノイズがひどい
  • 画面にエラーコードが表示される
よくあるテレビトラブル
人気のアンテナ工事業者20社以上を調査。厳選、オススメ業者3選